黙想

2017年10月06日 22:49

気持ちを落ち着かせるのに人それぞれの方法があるだろう。一番手短なのは黙想である。1分間、目を閉じて黙想すると、1分間の時間を体感できる。1分間がどれくらいの時間か、どれくらい色いろなことが頭をよぎるか、やってみると分かる。山下塾では最初の対局の前に1分間黙想している。S学院小のアフタースクール囲碁でも部屋を替えてもらったのを期に席に着いた時に1分間の黙想を取り入れた。初めてのことゆえ眼を瞑らない生徒がいる、瞼に力を入れている生徒もいる。自然体で黙想するには何回か必要のようだ。大きな声を出すための論語の素読は生徒全員身に着けてくれた。囲碁での黙想がどんな広がりを見せるか興味は深いIMG_2165.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事