スクエア囲碁の会

2017年10月04日 23:06

スクエア囲碁の会に茶華道センター主催の囲碁入門講座を受講した人が6名新しく入会した。20名を超え会場もいっぱいになって、これまでの多面打ちが出来なくなっている。私の指導碁が中心の会であったが、ここは会員同士の対局を主にするチャンスである。全くの初心者の集まりであったが、囲碁の面白さが分かりほかの囲碁の会にも参加する人が多くなっている。囲碁は対局数が多くなるのに比例して棋力が上がる。棋力の差は会員同士の対局により分かるが、互いに抜かれたり抜き返したりしてこそ棋力が上がり面白さが増してくるものである。本来の囲碁サークルの形に育って来たと言える。
中秋の名月
PA040044.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事