全国高校囲碁選手権大会2

2017年07月26日 22:51


前日に続き団体戦決勝戦と順位戦が午前中に行われ、午後からは個人戦が始まる。千葉県男子2名、女子1名のほか神奈川県の選手にも縁があるので昨日に続き応援に来た。石倉審判長の挨拶に全国4000人の参加者から選ばれた男子選手96名、女子50名とある。確か高校生の参加選手は10数年前の「ヒカルの碁」ブームの時は6000人と聞いていたが、このところの4000人は立派な数である。トップクラスは院生OBが多くレベルは年々上がっている。一番のお目当てである孫のCは初めての全国大会で緊張したか、アタリをうっかりするようなミスが出ている。昨日の団体戦から何局か見ていると、棋力は身びいきを含めてもトップクラスとそれほど離れていない。実戦でのトレーニングを増やすと来年は期待できる。千葉県勢で財前君がベストエイトに残ったのは見事である。また神奈川県代表が優勝と4位に入ったのは層の厚さを表している。
IMG_8904.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事