市長表敬訪問

2017年07月24日 22:55

これまで団体戦と個人戦で千葉県代表になり全国大会に出場する選手たちに所在する市の市長を表敬訪問する手配をしてきた。子供が市長に直接会い、話すことは良い経験になること、さらに甲子園野球ばかりでなく囲碁でも文部科学大臣杯争奪の全国大会があることを行政にも認識してもらいたいからである。夏休みが始まる7月21日から大会前日の7月30日の短期間で市長の日程を調整して貰うのは難しいことだが、断られたことはない。市長が不都合でも教育委員長が会ってくれていた。今年は千葉市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、四街道市である。千葉市、四街道市は生徒のほうが都合が付か訪問を辞退した。市川市は補欠が繰り上がり出場と連絡されたのが遅かった為、遠慮した。柏市は市長の日程調整が無理と言ってきた。ということで、今年は松戸市と船橋市だけである。今日は中学生個人優勝者と準優勝者、団体戦準優勝校選手と保護者とともに、船橋市長を訪ねた。船橋市長は囲碁を嗜むのでAI 囲碁の話や子供たちへの質問も具体的であり、和やかな表敬訪問であった。
☆DSC_1698


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事