FC2ブログ

アイウイル

2017年05月19日 22:53

アイウイルの経営者養成講座の科目には囲碁がある。主宰の染谷和巳氏が、経営者には囲碁が必須と考えてのことである。8年前から囲碁入門の最初の講義を行っている。囲碁に出会う最初の指導によって一生の趣味になるか否かが決まると考えているので、喜んで引き受けた。「囲碁って簡単で面白そうだ」と思ってもらうのが肝要である。今年から担当者が変わり入門だけでなく1年半の講義にかかわることになった。そこで提案を二つした。一つは受講生にTIY問題集を学んでもらうこと、もうひとつが INGO(ingo-web)を受講者に必修とすることである。経営者を目指すものにはインターネットで学ぶことには馴染みがある。思っていた通り、受講生の間にINGOがブレイクしている。多い人は30局打っている。また受講生同士の対局での講評の依頼が出だした。INGOでの対局を見ていると、一人ひとりの棋力の進み方が手に取るように分ってくる。半年後のオフ会での会話が盛り上がるだろう。
IW_201705220716501c2.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事