図書館事業

2017年05月18日 21:40

図書館は書籍を静かに読む、参考書で勉強をする,、という場からいろいろな事業をする場に変わりつつあるようだ。指定管理者制度は公の施設が民間のノウハウを活用して住民サービスの質の向上を図ることで、船橋市の施設でも増えていることは承知していた。それが図書館の業務委託に広がっているとは知らなかった。指定管理者の知人からの紹介で図書館の活動として囲碁入門講座の依頼を受けた。都内の図書館なので地元の人が好いと思うのだが、あいにく紹介する適当な人が思い浮かばなかったらしい。図書館での囲碁入門講座は初めての試みで、どんな広がりになるか興味があったので引き受けた。打ち合わせに向かったが開館して10年余というが建物は綺麗で館内、書籍も真新しい。会場になる会議室は囲碁入門講座の教室としては日本一ではないかと思われるほど立派だ。会場に負けない入門講座にしなければ、と思い至った。
IMG_0520_2017051810275134b.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事