FC2ブログ

屋敷小学校

2017年02月24日 22:50

屋敷小学校囲碁クラブのラストなので団体戦の囲碁大会とした。50分の時間内で13路盤で4チーム全てが3局打てた。中には判定した碁もあったが「どちらの地が大きい?」と二人に聞くと二人とも同じ意見になる。「地」の概念がわかっているのである。今年は6回と回数は少なかったがよく打てるようになった。「君たち胸を張って囲碁が打てると言っていいよ」と結んだ。生徒の代表が「囲碁は難しいと思っていたが楽しかった。勝った喜び、負けた悔しさがわかった」と挨拶を返してくれた。今年もやってよかった、と思わせてくれた。屋敷


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事