FC2ブログ

屋敷小学校

2012年06月12日 00:13

毎年いくつかの小中学校に囲碁指導に行っているが、外部講師に対し一番心を配ってくれるのは習志野市立屋敷小学校である。前日に必ず電話での確認がある。当日学校に行くとスタンドに山下先生よろしくお願いします、と貼紙がしてあり、スリッパが揃えてある。囲碁将棋部であるから当然教室内で将棋と囲碁にグループ分けされるが、指導に行った日は顧問のS先生が全員囲碁にしてくれる。いきおい、将棋希望で入部した生徒のためにも囲碁を覚えて良かったと思ってもらえるようこちらも気合いが入る。今年は女子生徒2人を含め、15名の部員である。幸い津田沼囲碁クラブ土屋教室の生徒が一人いて、その生徒に助手になってもらう。打てる生徒と模範試合をしながら講義すると「地」の概念を容易に理解してくれる。今月の小学校団体戦に参加は無理だが7月の個人戦には何人か参加できるだろう。





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事