FC2ブログ

囲碁将棋部

2012年06月14日 00:12

八木が谷中学校で囲碁県大会に4チーム出場すると報告があった。一校からの出場チームとして全国でも珍しいだろう。柏第四中は代表選に出ることは決まっているが、もう一チーム出られないか誘って観た。中学生ともなると負けると恥ずかしい思いがあり、弱いからと二の足を踏む気持ちは分かる。だが大会に出てみると同年輩が大勢真剣に囲碁を戦っている姿に刺激を受けることがある。それをきっかけとして囲碁の面白さに触れて貰いたいと思い、出なさい出なさいと誘っている。柏第四中の囲碁将棋部員は囲碁と将棋を同時にやっている。一通り囲碁をやると将棋に移る生徒が多い。部員の将棋を観ていると指導したくなり久々将棋を指した。将棋指導は門外漢なのは承知しているので将棋の手のことは言うつもりは無い。囲碁と共通するのは自分の手だけを考えてはダメで相手の手を考えるのは最低必要である。2局指してそのことだけを伝えた。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事