FC2ブログ

S学院

2017年01月13日 22:02

S学院小のアフタースクール囲碁の新年初の授業である。年少の生徒たちはてんでに囲碁を打ち出しているが、まずは33人全員、声をそろえて新年の挨拶から始める。一組の女子生徒同士がもめている。双方の言い分を聞いてみるが、片方の生徒が涙を流しながら来週からスクールをやめるかも知れない、と部屋を飛び出してゆく。間を開けて相手の生徒に呼んでくるように話す。こんな時に仲直りさせる有効な方法がある。もう一人女子生徒を呼び3人でチームを作らせ、先生と勝負しよう、と対局させるのである。今までもめていた同士がチームを作って対局すると互いが味方となり、好い手にはともに喜び、石を取れられると一緒に悔しがる。今泣いたカラスが・・・と終局すると来週も打とうね、と指切りで一件落着である。
S_201701140749084df.jpg


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事