FC2ブログ

ベトナム3

2016年11月27日 23:19

3月のアジア大学囲碁大会で名刺交換したTrongさんとの連絡は囲碁部代表の藤野君にお願いした。こまめに連絡を取ってもらい、日本囲碁団7名の段位を伝え、子供との交流も頼んでおいた。会場は繁華街のビルの3階で碁盤が10面余置ける広さである。来月開催の国際ペア碁のベトナム代表二人をはじめ10数人のメンバーを揃えてくれた。向先の若者と対局した後は子供との対局を希望した。小学校4年生くらいの女の子二人の二面打ちは7子のハンデで、もう一人12歳の男の子とは2子の手合いである。ベトナムでの囲碁人口を聞くと1000人くらいで有段者は100人ほどと言う。こどもたちは思いのほか碁がしっかりしている。部屋には韓国の囲碁雑誌があるくらいでさしたる指導書は見当たらない。席亭のMAYさんは日本のアマ県代表までの棋力はなさそうである。こんな環境で今日集まった子供たちは何故こんなに強くなったか不思議でならない。おそらくインターネットで勉強しているのである。ベトナムで一番強い14歳の子にINGO(ingo-web.com)の入会を勧めた。塾生のレン君といい勝負、と見たのでINGOでの対局を組ませることにした。
べ3


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    最新記事