FC2ブログ

船橋幼稚園

2019年05月15日 07:48

船橋幼稚園年長組二回目の囲碁指導で、アタリの問題のペーパーテストを試みた。これに先がけ前日、新任の先生方に囲碁入門講座を1時間やらせてもらった。アタリ12問の問題に「ぜんもんせいかい」、と書いた答案を園児に家庭に持ち帰って貰い、うちの子も囲碁が分るのだと認識してもらうのである。助手役の倉持さんだけでは手が回らないので、考え込んでいる園児には担任の先生にも手助けしてもらう。15分後には全員「ぜんもんせいかい」となり、石取りゲームに移れた。もっと問題やりたかった、という声もあって、ペーパーテストの手応えを感じた。
IMG_0292_2019051510271876d.jpg

趙治勲杯囲碁大会

2019年05月13日 22:27

第21回趙治勲杯囲碁大会がJFEスチール東日本製鉄所で開催された。今回は中西実行委員長が来られないので会長代行の立場である。選手宣誓を受けた後、令和最初の後楽園始球式で仲邑菫初段が健気に投げている映像がニュースに流れて囲碁の認識が広まったこと、AI囲碁が囲碁の価値観を変えていること、囲碁は友達ができるゲームであることを話した。今回の大会で、大人のチャンピオン戦では若い人が優勝したこと、子供大会では千葉県の子供だけではなく県外からの参加者が増えたこと等で、趙治勲杯囲碁大会が広がっていると感じられた。
DSC_0428.jpg

フリースクール

2019年05月09日 22:51

昨年度まで3年間囲碁指導を行ってきた都内のフリースクールに新学期になって初めて出向いたところ、校内放送で囲碁の先生が来ているので希望者は○○室に来るように、とアナウンスしていた。今学期は連休明けの遊びを紹介する時間に囲碁を取り上げてくれた。校長先生を始め先生も多数参加しており、生徒は30人ほど集まっている。まずは囲碁が易しそうで、面白そうだと思ってもらうために「純碁」での指導とした。マナーとルール説明に続いて、昨年東京都中学校囲碁大会に出場した生徒に大会での感想を話してもらった。大会には都内の公立校を始め私立難関校も参加しているが、そんな大会での空気を自分の言葉で上手く説明した。囲碁で1時間半ほど過ごしたあと、中学校囲碁大会に参加したい、と申し出た生徒が何人か出た。今度は純碁でなく本式ルールで打てるようにしよう。

20190510112739a59.png

資料作り

2019年05月08日 22:35

船橋幼稚園保護者の会では初心者、年長組園児保護者、経験者、とそれどれの参加者の数に合わせて教材を用意する。私が送ったデータをプリントして用意してくれるのは、世話役の倉持さんである。人数が多い時にはちょっとした作業量になる。そんな事情を園長に話したら園でプリントすると申し出てくれた。今朝は昨日ネット上で見た棋譜を当日朝になって資料の一部に加えた。前日、当日に資料を送ることになり倉持さんには大いに迷惑を掛けている。もっと余裕をもって資料を選び送らなければ、と常々思っているのだが。

四隅三々に入ったBADUKI : Golaxy
Raynz-BADUKI_20190510091504850.jpg

二子局

2019年05月07日 22:10

2019世界囲碁AI大会のエキシビジョンマッチとして大会優勝のGolaxyと呉清源杯ベスト4の女流棋士が2子局で対局した。今や囲碁AIは人間を凌駕しているのは明白で野狐囲碁ではプロ九段が2子局は勿論のこと、3子局を打っている。2子のハンデは勝負を争うより稽古をつけてもらうと言う感じのハンデである。芮乃偉さんは女性で男性に交って初めてタイトルを獲得した棋士である。最近では中国の新人王を女流棋士が取っているように、実力は男性と遜色ないところまで来ている。プロ棋士が公の場で2子局を打ち、Golaxyに4人の女流棋士が負けた、と言うことは囲碁AIとトップ棋士の手合いは3子ということである。3年前では考えられないことである。

芮乃偉さんがAIのGolaxyに2子で負かされた碁
Raynz-BADUKI_20190508215708574.jpg

三三入り

2019年05月04日 22:29

2019世界AI囲碁大会の棋譜26局を並べ出したが面白い棋譜が多い。特にAI囲碁が打ち出した三々入りの変化は日々に進化している感じである。ある一局では四隅で三々入りが打たれ全て違う変化になっている、準決勝の碁に大型の変化が現れた。黒は韓国のBADUKI、白は日本のRaynzである、24は初めて見る手である。ここから71で一段落である。あるAIでは白が有利とある。そうかな、と思いLeelaZeroで調べたら白黒50%である。いまや形勢判断はAI囲碁に聞くようになったがAIで評価が異なると迷ってしまう。いろいろなAI囲碁が手軽に使えるようになったが、自分に合う、AI囲碁を使いこなすのが何よりであろう。
Raynz-BADUKI.jpg

令和

2019年05月01日 18:18

テレビ、新聞は令和新時代の発足を寿ぐ番組、記事に満ちている。思えば毎年訪れる新年の改まる気持ちより、何十年に一回ゆえか気持ちの高ぶりがある。さて新しい時代の囲碁の勉強は如何に、と考える、と4月末に開催された2019世界AI囲碁大会に如くはない。この棋戦は囲碁AI世界一を決めるもので各国から強豪囲碁AIが集結している。中国3、韓国2、のほか日本、ベルギー、フランスの参加で予選からじっくり決勝3番勝負まで26局が公開されている。人間を超えた囲碁AIの打ちっぷりを並べて果たして棋力が上がるのかは分からない。人間と違う味わいがあるのかも分からない。自分にとって10連休の楽しみ方として、これ以上のものはない。まずはプリントしてじっくり取り組んでみよう。

朝食
DSC_0318.jpg


最新記事