FC2ブログ

幼稚園児の暗譜

2018年12月08日 22:59

子供のころから囲碁を続けていれば誰でもアマ五段位にはなれる、といつも言っている。子供が囲碁を始めて強くなるには囲碁に頭を使う時間にほぼ比例する。毎日やっていればどの子も初段にはすぐ成れる。山下塾は週に一回だけしか開いていないから、そのほかの日にも囲碁に頭を使ってもらいたいので宿題を出している。闘いの棋譜を選び暗記するようにしていて、その宿題の棋譜で一番自分が気に入った手と勝着と思った手を塾長に報告することになっている。土曜日山下塾の初めに暗記してきた塾生が皆の前で並べ、自分の気に入った手に来た時、なぜ気に入ったかを披露することにしている。これは人前で自分の考えを話す練習につながると思っている。棋譜を暗記して並べるのは殆ど山下塾生の中でも上位の子である。今日は何とまだリーグ戦にも参加できない幼稚園児が名乗り出て並べた。天元戦第3局を完璧に覚えてきた。毎日並べ12回くらいで覚えたと言う。これまでも幼稚園児が並べたことはあるがそ、その子以来である。本人はもとよりほかの塾生たちにも良い刺激になったであろう。
DSC06496.jpg

レフリーストップ

2018年12月07日 22:45

神明幼稚園の囲碁指導は年に6回である。長年続けている他の二幼稚園に比べて半分くらいの回数である。あと二回の指導を「純碁」(jungo.go-en.com)で教えることにした。サポートに土屋弘明さんにお願いした。約二か月に一回の指導では毎回初めてのように感じる園児もいる。アタリがまだわからないレベルである。純碁で打たせて観ていると、中にかなり分っていると感じる園児もいる。この幼稚園では園長が園児と対戦するのが通例となっているが、これまでは園長が手加減して打つことが多かった。今日、4クラス中2クラスで園長の相手に選んだ2人の園児は可成り打つと見ていたが、園長がタジタジの形になり、レフリーストップを掛けなければ収まらなくなった。直ぐに強くなりそうな子が6人くらいはいる。指導の回数は少ないのに何故強い子が現れるのか不思議である。
DSC_0588 (3)

自由置き碁

2018年12月06日 22:52

クエア囲碁の会はスクエア21の茶華道センター主催の囲碁入門講座から始めた人が殆どであるが、ここだけでなく他の囲碁教室で学んでいる人が多くなった。Sさんは大会にも出場するなど積極的に囲碁の集まりに参加しているようである。一番強い人は初段なので9子の置き碁で打つのが本来であるが、好きなハンデで打ちましょう、としている。10面打ちで、毎回先の手合いで向かってくる人もいる。Sさんは自由置き碁が好きで5子を好きな形に置いて打ってくる。いつも8子、9子の10面打ちでは、序盤はどの人との局面も似たようになってしまう。今回から全員自由置き碁で結構、とした。まだ慣れていないので面白い布石は出ていないが、徐々に工夫した布石が現れることであろう。
DSC_0581 (1)


最新記事