fc2ブログ

豊かな時間

2022年06月28日 22:44

先月我が家にいらしたKさん夫妻から今度は我が家へどうぞ、と招かれた。日身さんにも是非に、と。せっかくだからと棋友二人が加わることになり小碁会の雰囲気になったので日見さんは遠慮することとした。駅まで迎えに来てもらい自宅までの道筋で成田の様子を知ることになった。成田と言えば新勝寺の参道しか知らなかったがイオン、スポーツジム、有名なレストランが揃っているのを観て、若い人が移住していると感じた。住まいは300坪の敷地に築50年の邸宅である。さて小碁会のあとはK夫人の手料理、愛蔵のシャンパン、ワインを堪能しただけでなく夫人によるシューベルト、ショパンのピアノ演奏を聴かせてもらった。心許した棋友との対局、心のこもったもてなしと歓談は実に豊かな時間であった。帰り際にKさんから「棋書では何を読めば?」と聞かれた。からだは不自由になったものの経済学者Kさんの最近の囲碁の流れを知りたい意欲に嬉しくなった。AI棋書は数十冊出ているが本よりYUOTUBEで「OKAO研究所」を観るのが良いと答え、「OKAO研究所」の内容についてのメールのやり取りを提案しておいた。

料理に使われたLAUDEMIO
IMG_1840_20220629222551fc6.jpg

囲碁の評価

2022年06月24日 22:36

S学院小の玄関に入ると何と前校長と現校長先生が出迎えてくれて及川君が千葉県代表として文科大臣杯小中学生囲碁大会全国大会に出場することになったお礼を言われた。「のんびり屋の子が」とのお話に、大会数週間前の彼の気合の入れ方を話し、目標を達成できて良い体験をしてくれたと思う、と返した。現校長は福岡航太朗三段が学んだ名門小学校で教鞭をとられていたので囲碁については理解が深いとは言え、教育の場で囲碁を評価されるのは何よりの勲章である。

薬円台小

2022年06月22日 21:20

薬園台小囲碁クラブ二回目の指導である。前回の指導でにこれまでと違う意気込みを感じていたので思い切って13路盤での本式ルールを説明した。ルールの説明と9路盤を一回やっただけだから、初めての13路盤ではどんなことになるか心配ではあった。22名の生徒のうち昨年も囲碁部員だった生徒は3人位なのだが案ずるより産むが易しとか、何と11組のうち半分くらい地を数える終局まで打てている。小学生高学年以上では順序を踏んで入門させるのではなく大雑把な説明をして打たせ、終局の地を数える時にちょっと手助けする方が早く面白がると改めて発見した。この囲碁クラブは夏休み後にはリーグ戦を打たせても大丈夫である。

薬円台高校の農産物販売店
IMG_1833.jpg

読みが合う

2022年06月20日 22:20

ほしの会の定例会が復帰して毎月集まることになった。会場の人形町囲碁クラブは月曜日は団体が多いらしくかなり席が埋まっている。碁会所の閉鎖のニュースが多いなかでこうして混んでいる碁会所は座っているだけでも楽しい気分である。ほしの会のメンバーは囲碁部時代選手クラスなので持ち時間80分でよく読んで打つ。時間切れ負けがあるくらい皆熱心に考える。一番近い手合いが3子逆コミである。上手が少し苦しいハンデなので一手一手工夫を凝らす。打っていて相手の着手がこちらの読みの中で一番いやな手を打ち返されると気分が良い。お互いの読みが合っているからである。今日の入村との隅の変化は互いに最善手の連続で読みがぴったり合っている。まさに「手談」を交わしたのである。年寄りにラッシュは見合わないので12時半から集合して2局打つことにしているが、熱が入って5時には電車に乗れない。ラッシュの車内で隅の変化が頭に浮かぶのである。

個人戦県代表

2022年06月19日 21:10

山下塾に強い塾生が揃ったので今年の文部科学大臣杯全国小中学生囲碁大会には団体戦、個人戦に9人位出場するかと目論んでいた。ところが団体戦が中止に決まり個人戦に望みを託した。東京都、神奈川県と続いて期待していた塾生が県大会で抜けなかったので残る千葉県の個人戦に期待していた。小、中で3人期待していたが結果は小学生で及川賢二君が抜けただけであった。及川君は塾通いの傍ら期するところがあったのかここ2週間は毎日オンライン山下塾に通ってきていた。つまらないミスでボキと折れるところがあったがしぶとさが増してきていた。県代表になったことがきっかけでぐんと伸びることがある。全国大会まで毎日打ちたい気持ちになっている。全国大会までの約2か月でどう変貌するか楽しみではある。

リモートワーク

2022年06月17日 21:20

リモートワークが定着して自宅が仕事場になりそれが普通の仕事の進め方になっているらしい。そんな仕事の進め方とはどんなことなのか想像もつかない。もっとも山下塾を対面からオンライン中心にしたのもその流れの一面ととらえれば想像できなくもない。アイウイルの囲碁研修の入門講座をしていてそのフォローとしてINGO(ingo-web)ZOOMを取り入れて6年になる。今期32期の研修生ともINGOで打っているが「セキ」「五目中手」の局面が出てきてコメントで説明しようとしたら難しい。棋譜監視ソフトを使うことを思いついてPC師匠土屋さんに指導を受けた。32期の研修生に呼びかけたら一番集まりやすい時間帯に8人が参加してくれた。セキ、五目中手を説明したが皆がしっかり理解していないのがZOOMでの表情を見ていると分かる。山下塾生相手にZOOMネット対局サンサンで説明するのとは大違いで手応えを感じない。幹事から2か月ごとにZOOMでの指導をと反応が来た。ZOOM指導の腕を上げなくてはいけない。

11連覇

2022年06月16日 22:07

井山裕太さんが本因坊位11連覇を果たした日に本因坊文裕を能代で応援する会の総会報告が届いた。総会が第4局の前日に開催されたので「11連覇達成を能代から応援」と挨拶文にある。今期の本因坊戦第1局は囲碁史に残る、と表現されている名局で続く3局ともに「囲碁って殴り合いなんですよね、ボクシングみたいな。対局姿は静かだからそんなふうには見えないでしょうけど」と以前日経紙で井山さんが語っていた通りの戦いを棋譜で表している。9連覇を果たした高川格先生の平明流とは真逆な棋風である。井山さんは簡明か難解かの局面では必ず難解を選んで打つ。局面を難解にしたほうが自身の勝機は高いと信じていると感じる。碁盤をリングに見立てて戦うような勝負への貪欲さ、手ひどいパンチを食らっても簡単には倒れず最後まで機会をうかがう姿勢を貫いている。今は幸いタイトル戦はYOUTUBEで観られるが、盤上に棋譜を並べてこそ最高の感動が得られる。棋譜を並べる楽しみが暫らく続く。

今年2回目のポカ

2022年06月15日 21:37

今年2回目のポカである。11時半に出かける予定になっているが小一時間余裕があったのでマッサージチェアーで本を読んでいたところに青木さんから「お忙しい?」と控えめな電話である。途端にマッサージ椅子から10センチくらい飛び上がった。今日は先月から再開したスクエア囲碁の会の指導日であった。4月末に5月と6月の予定を約束してある。5月は覚えていたのだが今日のは全く頭から抜けているのである。実は今日のは今年2回目のポカである。認知症は御免をこうむりたいので予定は忘れないように意識してひと月の予定表のほか1週間の予定を書いた電子メモを机に置いてある。それがどちらにも記入されていない。予定が決まったらすぐに記入する癖を付けなけらばいけない。なまじ記憶には自信があると過信してはいけない。そんな年齢になったと肝に銘じなければいけない。

全国高等学校囲碁選手権

2022年06月15日 20:45

5月末に山下塾生OB末原君が千葉県で優勝して全国高校囲碁選手権出場を決めた。今月に入りOB岡田君が茨城県大会で準優勝して全国大会に出場すると報告があった。今日は塾生OBではないが慶應義塾高校棋道部の後輩高橋君が神奈川県大会に出場する。対面で一局、オンラインで一局打ったので碁盤に向かう気持ちは感じ取れている。高橋君は優勝候補だが勝負事には何が起こるかわからない。朝、どんな言葉で激励しようか、考えた。「どんな難局でも最後は自分が勝つ気持ちで」とメールした。夕方優勝の連絡が来た。8月3日からの全国大会には三君の応援に行かなければ、と今から気が高まっている。

文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦

2022年06月11日 21:33

毎週土曜日開催していた山下塾であるが、コロナ禍が落ち着くまでオンライン山下塾を週3回と月一回の従来の対面山下塾にすることにして今日は2回目の対面である。山下塾からは文部科学大臣杯小中学校囲碁団体戦に東京都、千葉県代表として5人は全国大会に出られると思い、対面山下塾で都県大会向けに持ち時間も大会と同じにして対局し代表選に備えていた。全国大会が3年連続で中止と決まったと知らせが入り誠に残念でならない。全国大会への道はないが、代わりに千葉県少年少女囲碁連盟では7月に千葉県独自で団体戦を開催し優勝校を決める予定である。小中学校の囲碁部員にとって県大会出場は何よりのモチベーションの向上となるからである。日本棋院主催文部科学大臣杯全国小中学校囲碁団体戦が3年連続中止の状況の中、子供囲碁組織がある都道府県の幾つが小中学校囲碁団体戦を催すであろうか。

囲碁は老若男女で楽しめる

2022年06月08日 22:37

午前中は神明幼稚園の4クラスに2時間囲碁入門講座を行った。午後は西村副会長と北老人福祉センターに出向きふなばし囲碁協会事業の一つである長寿者表彰を行った。幼稚園年長組は5歳、表彰したあと記念対局した長寿者は90歳である。園児はワイワイガヤガヤと石を取り合って「囲碁面白かった?」と聞くとハイ、ハイと答える。90歳はじっくり考えて向ってくる。それぞれ囲碁の面白さを表現している。なんと今日囲碁で接した人の年齢差は85歳である。囲碁は老若男女で楽しめる、といつも言っているが、同じ日にこの年齢差を実感できるのはなかなかないことである。

念願の全国大会出場

2022年06月07日 22:16

山下塾生OB2人が文部科学大臣杯高等学校囲碁大会全国大会に出場することになった。一人は千葉県で優勝した末原君で彼は県内では抜けた存在なので勝負ごとにはつきものの”油断”が無ければと思っていた。もう一人は茨城県で代表に決まった岡田君からの報告である。彼はコロナ禍で中学校団体戦が中止にならなかったら2年連続で団体戦全国大会に出場していたであろうから、個人戦での出場は嬉しかったろう。選んで入学した高校で一躍有名人になったに違いない。彼はオンラインでの対局は好みでないので全国大会まで対面での練習をできるだけやろうと呼びかけている。

馬子にも衣裳髪かたち

2022年06月06日 21:59

ふなばし囲碁協会30周年記念事業はコロナ禍で離れた会員を呼び戻すため協会に加入している各サークルに囲碁イベントの開催を促し、協会はクオカードと仲邑菫さんのファイルを催し物の賞品として贈呈し後押しすることとした。賞品に添える挨拶文を書き上げたので役員会で見てもらったところ副会長の西村さんが「洒落た用紙に印刷しましょう」、と言う。「馬子にも衣裳髪かたち」と言うから、ふなばし囲碁協会30周年への思いがふわっと浮かび上がって見えるかもしれない。記念誌というほど大袈裟なものではないが30年の歴史をこれも西村さんが今纏めてくれている。会長と副会長ふたりで市内囲碁サークルを巡り、年表、挨拶文、記念品を届けることにしている。ささやかだが市内囲碁サークルの活性化を応援するのである。

高等学校囲碁団体戦県代表

2022年06月05日 22:37

夕方、慶應義塾高校棋道部から文部科学大臣杯神高校囲碁団体戦奈川県予選で優勝、全国大会に出場すると報告があった。先週棋道部コーチとして塾高に行き県予選に向けてオンラインで練習しようと話していたきた。それが大会前日の土曜日に実現した。選手3人と対局して棋力と棋風を感じとり、これなら有望と思っていた。オンラインで、しかもたった一局では大した効果はないのだが前夜囲碁頭になったのではないかと自賛している。野球で言えば甲子園なので選手は気合が入っていることと思う。早速8月の全国大会まで上位入賞を目指して毎週オンラインで打とうと提案した。

山下塾OBが始めた子供囲碁教室

2022年06月04日 23:13

30数年山下塾を開催していて親と子、伯父とその甥の入塾はある。今度は山下塾OBによる子供囲碁教室の誕生である。コウジ君から住んでいる都内のマンションで子供囲碁教室を始めたと知らせがあった。コウジ君はかつてノーベル賞を取るには京都大学に限ると思って見事合格した少年である。目標を立てたら達成する力のある人物ゆえ彼らしい教室ができるであろう。入門資料は父親から受け継いでいるので十分である。始めたばかりで生徒は8名らしい。いずれ強い子も誕生するであろう。早速山下塾との囲碁交流を申し込んだ。

ZOOMで入門講座

2022年06月03日 22:49

3月にアイウイルの経営者養成講座の受講者に囲碁入門講座をしてそのあと補完としてINGOで指導している。その中の一人との対局でセキが生じた。対面ならば説明に苦労はしない。10分も幾つかのセキの例を盤上に示せばほぼ理解してもらえる。セキを文章で説明するのは難しいしもどかしい。そこでZOOMを使って説明することを思いついた。受講生にZOOM山下ルームに来てもらうのだが「何時にしましょう」との問い合わせに一番集まれる時間帯は居酒屋から帰った時間ではと答えておいた。果たしてZOOMでの入門講座継続なるか。

塾高棋道部

2022年05月31日 22:37

塾高棋道部に全国中学生第3位の高橋大地君が入部したので先日顧問の鈴木先生と3人でZOOMで話した。高橋君が中心になり棋道部を盛り上げようという話になった。早速6月の団体戦、個人戦に向けての部員獲得に動いてくれ団体戦では有段者のチームが出来た。これから囲碁を始めたい部員も集まるということでコロナを挟んで3年ぶりに棋道部コーチとして塾高に行った。69年前に初めてクラスメートに囲碁を教え、大学でリーグ戦選手となった山内君を伴った。初心講座、二面打ちをしていて気が付くと門限の時刻である。対面での指導を重ねたいが当面オンラインでの指導を中心にしたいとINGOとネット囲碁学園での取り組みを提案した。高橋君がとりまとめる部員の広がりに期待感は膨らんでいる。帰宅は9時過ぎたが母校の指導は楽しい。山内君と寄った蕎麦屋のそば湯割りが思わぬ美味であった。

第1回中日囲碁文化祭

2022年05月30日 22:24

虎の門にある中国文化センターは2009年に設立された。今日ここで開催された第一回中日囲碁文化祭に出席した。囲碁は中日文化交流に重要でこの百年間は呉清源をはじめ多くのプロ棋士、中日の囲碁代表団や数多くの民間人の定期的交流があり、国交正常化50周年という節目に「囲碁文化」交流をさらに深めようとこの文化祭が開催されたわけである。参加者は中国日本大使館公使をはじめ福田元首相他議員、日本棋院プロ棋士多数が参加している。錚々たるメンバーでいささか場違いの感じだが自分は牛力力さんの推薦で出席しているのである。中国からは政界、囲碁界の重鎮がビデオで参加している。この挨拶のうち中国囲棋協会主席林建超氏の話に驚嘆した。「中国囲碁人口は6000万人、有段者が1200万人おり幼稚園からの囲碁入門者が毎年300万人いる。全国的な大きな囲碁大会は180ある」とのことだ。白髪三千丈の世界ではあるが人口10倍、を考えても中国での囲碁の評価の高さを思い知らされる。西安市の友人李鋼毅氏の言っている現在の子供囲碁教室5000人を1万人にするとの意気込みは実現可能、と感じさせられた。スケールは違うが、今年も李囲碁教室と山下塾とのオンライン交流を重ねようと思っている。

16077596553650.jpg

非営利活動法人囲碁文化継承の会総会

2022年05月28日 23:02

3年ぶりにNPO法人囲碁文化継承の会の総会を開催した。2006年創立なので満16年活動していることになる。コロナ禍で前2回はZOOMによる開催であった。コロナ禍で幼稚園、小中学校、公共施設での活動が制限されたため指導の総量は半減した。こんな事態が続くと子供の囲碁に対するモチベーションがどんどん低下してしまう、という危機感を強く感じる中で蔓防、緊急事態発令期間の合間を縫って囲碁入門講座を開催してくれた一部公共施設、および私立小学校と公立小学校及びフリースクールの英断には感謝しかない。また非会員の6名が活動をサポートしてくれたのも有り難いことである。加えて企業からの助成金は2社から受贈でき財政的には余裕をもって事業を進められたのも幸運である。発足時の会員は高齢化によりこちらも半減しているので会員の増加がこれからの課題である。

ほしの会

2022年05月27日 22:04

ほしの会は月に一回例会を開いているがコロナの自粛もあって今日は今年2回目の集まりである。新型コロナは風邪と一緒、と言っているY君がいる一方で感染を嫌っているのが混じっているのである。依ってマスク無しと有りの対局となる。会場は人形町囲碁倶楽部だが何と今日はほぼ満席である。コロナ禍で碁会所の苦戦が伝えられるなかで今日のように混んでいるとやはりうれしく感じる。持ち時間1時間20分で2局打つと5時間半くらいかかる。メンバー6人中5人は84歳という年齢を考えると囲碁への情熱は相当に厚いのである。この会の一番の利点はボケが来ているか否かの判定が正確にわかることである。無論年齢による棋力の低下はあるにはあるが、もし急激な棋力低下があればボケを互いに知らせることが出来るのである。今のところは皆健全であると今日も安堵して帰路に就いたのである。


最新記事